4.売れる広告キャッチコピーの作り方の説明シリーズアーカイブ

  1. 日本人向けのキャッチコピーの作り方と具体例
  2. コピーライティングとマーケティングの例
  3. 「衝撃の事実」「面白さ」「役立ち度」の作り方
  4. 優れたキャッチコピーと広告の要素
  5. お金を払って得るべきデータを無料で得ることもできます
  6. 宣伝文全体を、販売計画全体を、考えることが大切です。
  7. よく売れる広告キャッチコピーの3原則
  8. キャッチコピーの作り方ノウハウを発展させていく
  9. 商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎3
  10. 商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方2
  • キャッチコピーの作り方を考える際には、見込み客の欲求に注意を向けることが大切です。そして、見込み客の心理をよく考えて、その欲求を満たすために、自分の企業の広告文章を読むという決断をしてもらうのです。この分野の名著は英語圏の物が多いので、日本人の見込み客の心理や欲求に焦点を当てて、あなたの需要を満たしたいと思います。日本人が日本人向けに書いたキャッチコピーの作り方の教材も、英語圏のデータに引っ張られすぎて、日本人向けに書いた質の高いものは不足しています。

    英語圏のキャッチコピーのデータは大変価値があるものなので、それを最大限生かしますが、日本人向けのビジネスですぐに活用できるようにするためには、実践的な知識が重要になります。我々が日本でのビジネス経験を生かして、日本人向けのキャッチコピーのテスト結果のデータを分析して、あなたの企業ですぐに役立つキャッチコピーの作り方をお教えします。少企業向けなので、主にアドワーズ広告を使った小予算で成果をテストしたものになります。また、オンラインとオフラインの事情の違いにより、オフラインでは最高レベルのキャッチコピーの作り方が、オフラインでは通用しない場合にも配慮してあります。

    大きく見ると英語圏でも日本でも見込み客の心理は共通しています。ただ、細かく見ていくと大きな違いに気づきます。もちろん、心理には個人差があるので、ターゲットとする見込み客の集団によって、国家間以上の差があることも多いです。実際に様々なターゲットに向けて広告を売った経験から、その違いの部分にもできるだけ対応していきます。

    また、英語圏と日本では企業が置かれている環境も違います。ライバル企業の広告やキャッチコピーのタイプによっても最適な戦略は変わるので、そのへんもうまく判断できるように指導していくつもりです。といっても、長期的に非常に高いレベルを目指す場合に考えるべきことなので、短期的には簡単な方法ですぐに結果を出して貰う予定です。

    まずはこのブログに書かれているキャッチコピーの作り方や成功例や失敗例をたくさん読んで、基礎的な力を見につけながら、本格的なサービスの開始を楽しみにしていてください。しっかり作り込んでいます。

    まずは具体例としてキャッチコピーの作り方で悩まなくて済む、そのまま使える用語集を掲載します。
    具体例:最高品質の、最高の、最も優れた、最も価値のある、今までにない、あなたにとって最高の、~~にとって最高の、~~の満足度NO1、~~の支持率NO1、業界NO1、
    解説:これらは、シンプルですが、わかりやすくあなたの商品が最高であることを伝えてくれます。客層によって最高であることの意味は変わりますので、見込み客の欲求に応える商品を作っていれば、簡単に広告の本文でそのことを証明できるので、注意をひくだけで終わることはありません。

  • 売り込み臭を消して、見込み客を買う気にさせる広告を書きましょう。キャッチコピーの作り方の勉強も大事ですが、それも含めたより大きな概念であるコピーライティングについて学ぶことが一番です。更にマーケティングまで学べれば言うことはないのですが、どれも中途半端になるよりは、ひとつの分野の専門家になったほうが稼ぐことができます。キャッチコピーの作り方を勉強するために、コピーライティングやマーケティングといったキーワードでも情報収集すると学習効率が上がります。視野が広くなり、販売戦略が複雑になれば、見込み客に見透かされて甘く見られることが減ります。

    このサイトも集客を重視しています。キャッチコピーの作り方をより適切で人々に広く広めるために、2012年の3月のアクセス状況を分析します。この分析によってマーケティング計画が立てられます。商品をどのように売っていくかのプロセス全体を考えるのです。
    1.広告 キャッチコピーで121の方に来ていただけましたが、順位が2位になってしまっています。
    2.95人の方がいらっしゃてくださるキーワードは不明です。これはお気に入り登録かもしれません。
    3.キャッチコピー作り方で69人の方がいらっしゃていますが、これも2位になってしまっています。
    4キャッチコピー 作り方 で64人の方がいらっしゃていますが、これも2位になってしまっています。
    5.広告 作り方は39人の方がいらっしゃていますが、チラシの作り方を紹介する2つのブログに負けています。
    6広告の作り方36人の方がいらっしゃていますが、チラシの作り方を紹介する2つのブログに負けています。
    7キャッチコピーの作り方は29人の方がいらっしゃています。「の」がつくと1つ順位があがるのですが、アクセス数が少ないようです。
    8.キャッチコピー 例では 28人の方がいらっしゃています。このキーワードでは全然ダメなので、もう一つのキャッチコピーの例に集中したブログに任せます。
    9.キャッチコピーは23人の方がいらっしゃていますが、3大検索エンジンでは、全て100位以下です。
    10.広告 例は一位で22名の集客という結果ですので、これ以上は望めません。
    11.キャッチフレーズ 例は、7位・7位・12位でありながら20名の方を集客できたので、希望が持てます。キャッチフレーズというのは最適な類語です。
    12.キャッチフレーズの作り方も20名でとどまらない集客効果が期待できます。メインテーマの「キャッチコピーの作り方」とほぼ同じ意味ですね。
    13.企業 キャッチコピー は10名程度ではない大きな集客が望めるはずなのですが、まだまだ十分に対応できていないようで20位程度です。
    14.広告 キャッチコピー集は 10名から50名程度までには集客効果が期待できます。
    15.自分のキャッチフレーズ例 10 1.10 00:00:12 100.00% 90.00%
    16.cm キャッチコピー 9 1.11 00:00:07 100.00% 88.89%
    17.コピー 広告 8 1.12 00:00:03 100.00% 87.50%
    18.企業 キャッチコピー ランキング 8 1.38 00:00:12 87.50% 75.00%
    19.企業 キャッチコピー 一覧 8 1.50 00:00:16 100.00% 50.00%
    20.広告キャッチコピー 7 1.43 00:00:24 100.00% 57.14%
    21.募集広告の作り方 6 1.17 00:00:09 100.00% 83.33%
    22.広告 キャッチフレーズ 6 1.17 00:00:08 100.00% 83.33%
    23.広告例 6 1.33 00:00:13 100.00% 66.67%
    24.キャッチコピー 広告 5 1.60 00:02:09 100.00% 40.00%
    25.コピーの作り方 5

    「キャッチコピー」という単体キーワードで勝負できるブログになるまでの道のりはまだまだ遠いです。Wikipediaなどを超えなくてはなりませんし、古くからある強力なサイトの他、月数百万稼いでいる2chまとめサイトなどもあります。

    広告例という場合は、チラシの作り方を探している人も多いようですね。ネットビジネスでセールスレターやステップメールなどで商品を売り込む小企業をイメージしていたのですが、チラシの作り方を教えることもできそうです。今後は多様な指導ができるように、さらなる情報収集を行います。小企業の人材募集広告にもキャッチコピーの作り方を応用することはもちろん可能です。あまりいろいろやりすぎると、テーマが曖昧になってしまってよくないのですが。特にある程度の人気がある今の段階で挑戦するのは気が引けます。ほぼ人気がなくなれば、いろいろ新しいテーマを試していきたいのですが。

    多くの企業のキャッチコピーの例にも、いろいろな挑戦の跡を見ることができます。一部の企業のキャッチコピーは伝説の見本例になって、長い間コピーライターの間で語り継がれたりします。そういうものがコピーライティング講座でも何度も語られます。あまりに長く語られているものは、参考になる点があるとはいえ、すぐに誰でも役に立てられる例とは言いがたいです。そもそも他のキャッチコピー例をパクるわけには行きません。見本例を参考にする場合は、作り方や発想の部分のみを真似するのです。うまくいっている業界のライバルを知っていれば、見本例をいつでもチェックできますし、作り方や発想を調査できますし、そうする価値は非常に高いです。

  • 広告のキャッチコピーを作る際に重要なポイントは「衝撃の事実」「面白さ」「役立ち度」です。「衝撃の事実」は、業界人にとってアタリマエのことでも見込み客にとって新鮮であれば良いです。「面白さ」は見込み客にとっての面白さです。ユーモアセンスはコミュニティごと個人ごとに違いますから、しっかり対応しましょう。「役立ち度」は、「あなたのためになりますよ」ということを見込み客にわかりやすく伝えるとよいです。

    1.キャッチコピーの作り方で「衝撃の事実」
    広告のキャッチコピーですから、「衝撃の事実」といえる事実を「見込み客にとって」衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。一部の語句を除くことで「衝撃の事実」だと期待してもらいやすくなります。文字数の限られた広告キャッチコピーなら、一部の情報のみ伝えるのは普通です。あとで、「なるほど。そういうことか。」と思える説明を加えれば良いのです。

    2.キャッチコピーの作り方で「面白さ」
    文章にとっては「面白さ」が一番大切ですが、キャッチコピーは「面白そう」と思ってもらうことが一番大切です。特に、続きを読みたくなるような言を書くのが一番大切です。業界に消費者として溶け込んでいれば、見込み客の喜ぶユーモアセンスを発揮できるでしょう。見込み客のコミュニティに入ってコミュニケーションを積極的に行えば、その見込客層に向けたユーモアセンスを磨くことが可能になります。

    3.キャッチコピーの作り方で「役立ち度」
    「役立ち度」は、具体的に見込み客に起こることを簡単に書きましょう。期間や金額など数字を使って提示するとわかりやすく、効果も高いです。一番の成功例や理論値を公開すると広告分への見込み客の関心を引くことができます。煽られやすい人ではなく堅実な人に読んで欲しいなら、平均的な成功例や平均値を公開するといいでしょう。

    *煽るキャッチコピーが多すぎる業界では、控えめな物言いが注意をひくこともあります。そして、控えめなキャッチコピーを使うと、購入後の信頼度が増すので、リピート獲得に向いています。

  • 広告のキャッチコピーとして有力なのは「衝撃の事実」「面白さ」「役立ち度」です。業界における重要ニュースが一番わかり易い、「衝撃の事実」ですが、業界人にとってアタリマエのことでも見込み客にとって新鮮であれば良いです。広告のキャッチコピーですから、「衝撃の事実」といえる最新の重要ニュースや事実から特に「見込み客にとって」衝撃的な部分だけを抜き出すことが有効です。それなりのニュースでも、一部の語句を除くことで衝撃の事実にすることは可能です。文字数の限られた広告キャッチコピーでなら、一部の情報しか伝えられないのはおかしなことではありません。嘘に抵抗のある方も気軽にできるでしょう。あとで、「なるほど。そういうことか。」と思える説明を加えれば良いのです。

    広告文やキャッチコピーを作るときは、完全に正確な事実だけを話せるとは限りません。そして、見込み客の人々もその事を知っています。ですから、自分を基準に嘘や真実を判断せずに、見込み客の視点でどう見えるかを考えてください。また、見込み客も日々、マスコミや書籍や他のサイトなどを通じて大量のウソにふれています。悪意のある嘘はダメですが、わかりやすく伝えるための嘘は重要です。その大量の嘘に触れている見込み客があなたのキャッチコピーや広告を見てどのように考えるかを想像してください。そして、真に見込み客のためになるように、キャッチコピーと広告を使って見込み客を誘導するのがプロの仕事です。

    あなたが優れたサービスや商品を提供していても、正直すぎてあまり魅力を感じさせることが出来なければ、あなたの見込み客はうまく煽っているだけの低品質なサービスや商品を買うことになってしまうでしょう。場合によっては、キャッチコピーと広告だけ良くできた詐欺的なサービスや商品を買うことになってしまうかもしれません。底から見込み客をすくうためには、広告やキャッチコピーを見込み客に向けて作成することが大切です。専門家としての納得よりも大事な事があります。

  • 優れたキャッチコピーの作り方を考えるときに、検索キーワードの重要性を忘れてはいけません。検索キーワードには、見込み客のニーズが隠れているので、それを発見して参考にするのが絶対条件です。そのためには、まず、うまくいっている広告を調べる必要があります。アドワーズ広告は特にキャッチコピーが重視されていて、安易な煽り型のキャッチコピーを使いにくいものなので、作り方の参考になるサイトが多いです。キャッチコピーや広告がうまくいっていない企業は、広告費をまかないきれずに徹底していくので、長期で観察すれば優れた企業と広告とキャッチコピーを確実に発見することができます。実際に自分がアドワーズ広告を使用してみると、他の企業と比べて優位に立てなければ、広告費がネックとなって撤退を余儀なくされることがわかります。自分の企業のキャッチコピーの作り方・広告の作り方のレベルが客観的な数字でわかってしまうのです。5000円までは無料でアドワーズ広告を試せるキャンペーンがあるので、少量のデータは無料で手に入れることができます。ただ、データの量が十分では無いので、お金より時間をかけたいのならば、他人のアドワーズ広告の作り方とそのレベルを長期的観察によって知ることが大切です。うまく行ってそうなキャッチコピーと広告を見つけたら、その作り方を真似て実際に広告を出してみると、あなたの判断が正しいのか正しくないのかがはっきりとわかります。アドワーズ広告は文字制限が厳しいので、正しい文を書くよりも崩れていても意味を伝えることが大切だということを学べます。

  • ◆宣伝文全体を、販売計画全体を、考えることが大切です。

    キャッチコピーの事例集において、作り方のすごさを語るために、
    「言葉の短さの割に大きな効果」を強調して、事例集にインパクト
    を持たせている物が多いです。

    しかし、実務上はインパクトのあるキャッチコピーの作り方を真似るよりも、
    販売システム全体をしっかり構築することのほうが大切です。
    どういう流れで、キャッチコピーまでたどり着いたかを考えるのです。

    あなたの目的を達成するために広告全体・販売計画全体を具体的に
    しっかり考えながら行えるキャッチコピーの作り方を習得しましょう。
    これから紹介する、実用的な知識は、すぐに実務で役立ちます。

    ◆よく売れる広告キャッチコピーの3原則
    商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の重要な3原則を以下に記します。
    難しいことを考える暇のない方は、この原則に形式的に従って作っても良いです。
    「正しいキャッチコピーの作り方」を学ぶことは、時間がかかることが多いですから。

    1.優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
    2.具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
    3.すべてのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。

    ◆「よく売れる広告キャッチコピーの3原則」を解説していきます。

    1.優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
    まず、魅力的な条件のみを提示して、読者に注目させます。
    その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
    一番反応が良い広告文章やキャッチコピーの作り方です。

    どんなに素晴らしさをデータや論理やお客様の声で説明できる商品だと
    しても、興味を持ってもらわなくては、売ることができません。
    「うますぎる話」に見えるほうが、より多くの人の注意をひくことが出来ます。

    読者を「興味のない状態」から「疑っている状態」に変えた後で、
    データや論理を使って感情に訴えつつ説得していきましょう。

    *ただ、当然限度はあります。
    読者の種類によって限度は違うので、程度の違うキャッチコピーを試してみましょう。
    しっかり分析ツールを使って、反応率を確かめれば、特定の層にふさわしいレベルが
    正確にわかるようになります。

    2.具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
    キャッチコピーに具体的な数字を使うことで、「画期的な」などの形容詞
    よりもはるかに明確かつ確実にあなたの商品の魅力が伝わります。

    本物に見える実験データや販売データを提供すれば、さらに信用されます。
    さらに言えば、主観的に約束したい数字でもある程度の効果はあります。

    ただ、適当な数字を約束する人が増えている業界では、
    それなりに根拠を提示しないと信用してもらえません。

    キャッチコピーの作り方のテクニックを使えば、目の前の商品は確実に売れます。
    その知識を応用して、商品をしっかり作りこめば、次の商品を簡単に既存客に売れます。
    次から次へと簡単に商品を売れるようになると、広告費を節約できるので、
    ビシネスが安定します。

    3.すべてのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
    広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
    でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
    特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が
    特定の部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。

    また、データを取る前に、色々考えておくと、より役立つデータを取る方法をひらめき、
    得られたデータをより確実に有効活用する方法もひらめきます。

    想定しうる限りの事実に基づいた想像の上で、購入者が最大になる作り方を考えていきましょう。
    自分より賢い人相手にビジネスをするのか、自分を先生としてみてくれる人相手に
    ビジネスをするのか、などと顧客層を考えなおすのが有効なこともあります。
    他にも、ビジネスを発展させるために、考えることはたくさんあります。

    そもそも広告商品が必要ない人には売ることはできませんし、
    まだ買うべき時期ではない人々もたくさんいるので、
    一回の広告で購入にいたるのは数パーセントで十分です。
    高額少数販売の商品ならば、1%以下でもビジネスが成り立ちます。
    逆にこの成約率で利益が出ないようなら、ビジネスモデルを考え直したほうがよいでしょう。

    特殊な業界の場合は、セオリー通りにただ書くだけでは不十分です。
    キャッチコピーの作り方ノウハウの作成者が知らないような特殊な業界事情に配慮しましょう。
    ただ、「多くの業界で共通していること」を「自分の業界独自のこと」と勘違いしないように気をつけましょう。

    あなたが、どちらに偏っているかは、データで調査してみないとわかりません。
    正確なノウハウと自分流のノウハウの反応率をデータを取って比べるのがよいでしょう。

    ◆キャッチコピーの作り方を商品作成に活かす。
    広告商品の作成にも関わっている場合は、キャッチコピーの作り方の
    知識が見込客にとってほんとうに良い商品を作ることにも役立ちます。
    商品の売りを決める際に重要な視点やアイディアを提供できるのです。

    見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
    提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
    次回以降も購入する得意客がどんどん増えていきます。

    ◆キャッチコピーの作り方にとらわれないようにしましょう。
    常連には、キャッチコピーの作り方のノウハウをあまり使わなくても良いです。
    ただ、分かりやすく簡潔に得意客が望む情報と商品を提供し続ければ良いのです。
    読み手の気持ちをよく理解して広告を書くことが大切です。
    すでに興味関心がある人にとって、「興味関心を抱かすための文章」は余計です。
    ただ、興味関心を持たせたい人も読む場合は、それ以外の人には読み飛ばして
    もらえばよいので、しっかり「興味関心を抱かすための文章」を書くべきです。

  • ◆よく売れる広告キャッチコピーの3原則
    商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の重要な3原則を以下に記します。

    1.優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
    まず、魅力的な条件のみを提示して、読者に注目させます。
    その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
    一番反応が良い広告文章やキャッチコピーの作り方です。

    どんなに素晴らしさをデータや論理やお客様の声で説明できる商品だと
    しても、興味を持ってもらわなくては、売ることができません。
    「うますぎる話」に見えるほうが、より多くの人の注意をひくことが出来ます。

    読者を「興味のない状態」から「疑っている状態」に変えた後で、
    データや論理を使って感情に訴えつつ説得していきましょう。

    *ただ、当然限度はあります。
    読者の種類によって限度は違うので、程度の違うキャッチコピーを試してみましょう。
    しっかり分析ツールを使って、反応率を確かめれば、特定の層にふさわしいレベルが
    正確にわかるようになります。

    2.具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
    キャッチコピーに具体的な数字を使うことで、「画期的な」などの形容詞
    よりもはるかに明確かつ確実にあなたの商品の魅力が伝わります。

    本物に見える実験データや販売データを提供すれば、さらに信用されます。
    さらに言えば、主観的に約束したい数字でもある程度の効果はあります。

    ただ、適当な数字を約束する人が増えている業界では、
    それなりに根拠を提示しないと信用してもらえません。

    キャッチコピーの作り方のテクニックを使えば、目の前の商品は確実に売れます。
    その知識を応用して、商品をしっかり作りこめば、次の商品を簡単に既存客に売れます。
    次から次へと簡単に商品を売れるようになると、広告費を節約できるので、
    ビシネスが安定します。

    3.すべてのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
    広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
    でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
    特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が
    特定の部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。

    また、データを取る前に、色々考えておくと、より役立つデータを取る方法をひらめく上に、
    得られたデータをより確実に有効活用できます。

    知りうる限りの事実に基づいた想像の上で、購入者が最大になる作り方を考えていきましょう。
    自分より賢い人相手にビジネスをするのか、自分を先生としてみてくれる人相手に
    ビジネスをするのか、などと顧客層を考えなおすのが有効なこともあります。
    他にも、ビジネスを発展させるために、考えることはたくさんあります。

    そもそも広告商品が必要ない人には売ることはできませんし、
    まだ買うべき時期ではない人々もたくさんいるので、
    一回の広告で購入にいたるのは数パーセントで十分です。
    高額少数販売の商品ならば、1%以下でもビジネスが成り立ちます。
    逆にこの成約率で利益が出ないようなら、ビジネスモデルを考え直したほうがよいでしょう。

    特殊な業界の場合は、セオリー通りにただ書くだけでは不十分です。
    キャッチコピーの作り方ノウハウの作成者が知らないような特殊な業界事情に配慮しましょう。
    ただ、「多くの業界で共通していること」を「自分の業界独自のこと」と
    勘違いしないように気をつけましょう。

    正確なノウハウと自分流のノウハウの反応率をデータを取って比べるのがよいでしょう。

  • *ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体で生かせるものです。
    特定のキャッチコピーの作り方のすごさを語るときは、
    「言葉の短さの割に大きな効果」が強調されがちですが、
    全体の販売計画との関連は絶対に忘れてはいけません。

    あなたの目的を達成するために広告全体・販売計画全体を具体的に
    しっかり考えながら行えるキャッチコピーの作り方を習得しましょう。
    実用的な知識は、すぐに実務で役立ちます。

    商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。
    1.優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
    まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
    その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
    一番反応が良い広告文章やキャッチコピーの作り方です。

    どんなに素晴らしさをデータや論理やお客様の声で説明できる商品だと
    しても、興味を持ってもらわなくては、売ることができません。
    「うますぎる話」に見えるほうが、より多くの人の注意をひくことが出来ます。

    「興味のない状態」から「疑っている状態」に見込客を変えた後で、
    データや論理を使って感情に訴えつつ見込客を説得していきましょう。

    2.具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
    「画期的な」などの形容詞とはちがい正確に商品の魅力が伝わります。
    本物にしか見えない実験データや販売データを提供すれば、信用されます。
    もちろん、主観的に約束したい数字でもある程度の効果はあります。

    ただ、適当な数字を約束する人が増えているので、
    それらしい根拠を提示しないと信用してもらえません。
    キャッチコピーの作り方のテクニックを使えば、必要以上に急速に
    ビジネスを発展させることはできますが、着実に慎重にビジネスを
    成長させるほうが安全なのでおすすめです。


    3.あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
    広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
    でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
    特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が
    特定の部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。

    知りうる限りの事実に基づいた想像の上で、購入者が最大になる作り方を考えます。
    購入者の質も考えましょう。
    自分より賢い人相手にビジネスをするのか、自分を先生としてみてくれる人相手に
    ビジネスをするのか、など考えることはたくさんあります。

    そもそも広告商品が必要ない人には売ることはできませんし、
    まだ買うべき時期ではない人々もたくさんいるので、
    一回の広告で購入にいたるのは数パーセントで十分です。
    高額少数販売の商品ならば、1%以下でもビジネスが成り立ちます。
    逆にこの成約率で利益が出ないようなら、ビジネスモデルを考え直したほうがよいでしょう。

    特に特殊な業界の場合は、セオリー通りにただ書くだけでは不十分です。
    キャッチコピーの作り方ノウハウの作成者が知らないような情報を活用
    すべき時は積極的に活用すべきです。
    ただ、「多くの業界で共通していること」を「自分の業界独自のこと」と
    勘違いしないように気をつけましょう。


    広告商品の作成にも関わっている場合は、キャッチコピーの作り方の
    知識が見込客にとってほんとうに良い商品を作ることにも役立ちます。
    商品の売りを決める際に重要な視点やアイディアを提供できるのです。

    見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
    提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
    次回以降も購入する得意客がどんどん増えていきます。

    得意客には、キャッチコピーの作り方のノウハウをあまり使わなくても良いです。
    ただ、分かりやすく簡潔に得意客が望む情報と商品を提供し続ければ良いのです。

  • 商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。
    *ここでの広告キャッチコピーの作り方というのは、宣伝文全体を考えます。

    ・具体的な数字を使うことで、分かりやすく、信頼しやすくする。
    「画期的な」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が伝わります。
    また、実験データや販売データを提供すれば、かなり信用性も高いです。
    もちろん、主観的に約束したい数字でもある程度効果はあります。

    ・優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
    まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
    その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
    今一番反応が良い広告やキャッチコピーの作り方です。

    ・あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
    広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
    でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
    特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の
    部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。
    最後に購入にいたるまで残るのは数パーセントで十分です。

    広告商品の作成に関わっている場合は、作り方よりも伝えたい内容に
    集中したほうがより優れたキャッチコピーを作れるようになれます。
    同時に優れた商品を製作することも可能となります。

    見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
    提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
    次回も取引してくれる見込客が増えます。

    もちろん、見込客の要望を見誤ってしまったり、キャッチコピー
    が下手すぎて胡散臭くなってしまったりすれば商品は売れません。
    キャッチコピーの作り方を考える際に重要なのは、何を書くかよりも、
    「見込客にどう伝わっているのか」です。

    見込客の考え方を想像できるようになれば、何をすべきかが明確になり、
    売れる広告キャッチコピーと商品の作り方を自然と習得していけます。

  • 商品が良く売れる広告キャッチコピーの作り方の基礎は、以下の三つです。

    ・具体的な数字を使うことで、分かりやすく信頼できるようにする。
    「すごい」などの形容詞よりははるかに具体的に広告商品の魅力が
    伝わります。また、実験データや販売データを提供すれば、かなり
    信用性も高いです。

    ・優れた部分のみを抽出したキャッチコピーで注目させる。
    まず、魅力的な条件のみを提示して、見込客の注意をひきつけます。
    その後、追加条件を出しながら実際の商品を紹介していくのが、
    今一番反応が良い広告やキャッチコピーの作り方です。

    ・あなたのキャッチコピーを見たときの見込客の考え方を想像する。
    広告の反応率のデータを正確に取れるのが一番ですが、それは無理
    でも具体的に想像していくと、よりよい作り方にたどり着けます。
    特定の個人の考え方を想像するのも大切ですし、全体の何割が特定の
    部分にどのように反応するかを考えるのも大切です。
    最後に購入にいたるまで残るのは数パーセントで十分です。

    広告商品の作成に関わっている場合は、作り方よりも伝えたい内容に
    集中したほうがより優れたキャッチコピーを作れるようになれます。
    同時に優れた商品を製作することも可能となります。

    見込客にあった商品の魅力が「わかりやすく」「信頼できる形で」
    提示されれば商品は確実に売れます。商品が宣伝通りであれば、
    次回も取引してくれる見込客が増えます。

    もちろん、見込客の要望を見誤ってしまったり、キャッチコピー
    が下手すぎて胡散臭くなってしまったりすれば商品は売れません。
    キャッチコピーの作り方を考える際に重要なのは、何を書くかよりも、
    「見込客にどう伝わっているのか」です。

    見込客の考え方を想像できるようになれば、
    売れる広告キャッチコピーと商品の作り方が明確に分かります。