マクロウィルスの脅威がネットセキュリティを脅かす

今回はネットセキュリティを脅かすマクロウィルスの脅威について
お話させていただきます。

ネットセキュリティを脅かすマクロウィルスの脅威』


まずはマクロウィルスについてお伝えいたします。

ネットセキュリティを脅かす恐ろしいウィルスです。

マクロウィルスというのは、マイクロソフトオフィス商品のマクロ機能を悪用するウィルスです


マクロ機能というのは、操作を自動化する機能のことです。

ふつうは、良い操作を自動化するためのマクロ機能ですが

悪い動作をするために使うという恐ろしいウィルスなのです。

例えば、メリッサという有名なウィルスは、


アウトルックのアドレス帳から自動的にウィルスを送りつけてしまいます。


そのことにより、、大量のウィルスが撒き散らかされてしまいます。


ネットセキュリティの脅威で、
本当に恐ろしいウィルスです。


ネットセキュリティ強化による対策は、また次の機会に述べます


ネットセキュリティを脅かすマクロウィルスの脅威のまとめです。

マクロウィルスは、マイクロソフトオフィス製品のマクロ機能を悪用したもの

自動的に感染が広がるネットセキュリティの脅威である。


ネットセキュリティを脅かすマクロウィルスの脅威 まとめ 終

ネットセキュリティを脅かすマクロウィルスの脅威 終わります